外国で食べた体に良い食べ物は、ドイツで食べた胚芽等たっぷりのパンが、思いつきました。

外国で食べた『身体に良い食べ物』
検索フォーム
人気の記事
外国で食べた『身体に良い食べ物』

外国で食べた体に良い食べ物は・・・

外国で食べた体に良い食べ物は、ドイツで食べた胚芽等たっぷりのパンが、思いつきました。

日本のパンよりも雑穀類が多く入っているせいか、日本の雑穀パンよりもかなり黒っぽい色をして、最初黒砂糖か何か使って黒くなっているのかな、と勘違いしていたのですが、身体に良いようにと色々入れているようです。
さすが、身体に気を使う自然主義のドイツだなと思いました。

私はドイツが大好きなのです。
そして、ドイツのパンも大好きです。
中には、酸っぱいような味がするものもありました。
日本の発酵食品のようなものでしょうか。
でも、美味しくて癖になりそうな味で良かったです。

あと、海外では美味しいフルーツが沢山安く買えます。海外に比べると、日本はフルーツや野菜は高いです。
フルーツ類は何でもミネラルも豊富だし、栄養があり身体に良いです。
特に朝食に取ると、糖分も頭に回って良いのではないでしょうか。意識してフルーツも取るように心掛けていました。

Copyright (C)2017外国で食べた『身体に良い食べ物』.All rights reserved.