外国で食べた「身体に良い食べ物」といって思い出す食材は、ベジマイトです。

外国で食べた『身体に良い食べ物』
検索フォーム
人気の記事
外国で食べた『身体に良い食べ物』

外国で食べた「身体に良い食べ物」といって思い出す食材は・・・

外国で食べた「身体に良い食べ物」といって思い出す食材は、ベジマイトです。

オーストラリアにホームステイへ行った時に、ホストファミリーの家で出されました。
見かけは真っ黒で、日本の海苔の佃煮そっくりです。
チアミンやナイアシン、葉酸やビタミンBが多く含まれて、いかにも健康に良さそうですが、味は海苔の佃煮よりもしょっぱくて、サワーキャベツ並みに酸っぱく、いかの塩辛並みのコクがあるような味です。

友人ら5人で食べたのですが、食べられない人が2人いました。
私自身は、パンに薄くつけてチーズをのせて食べていましたが、お土産に買うまでは好きになれませんでした。
問題は、いかにベジマイトの風味を生かしつつ、気配を消して料理に盛り込むかでしょう。
帰国後、日本の輸入食品の店で、ベジマイト特有の黄色い容れ物に入った商品を見つけ、懐かしくなりました。
また、妊娠中に貧血を指摘された時、薬を服用していましたが、こんな時にベジマイトを食べればいいのかと、思い返したこともありました。

Copyright (C)2017外国で食べた『身体に良い食べ物』.All rights reserved.