もう20年ぐらい前になりますが、新婚旅行でハワイに行った時に聞いた話ですが、パイナップルはなかなか体にいいということでした。

外国で食べた『身体に良い食べ物』
検索フォーム
人気の記事
外国で食べた『身体に良い食べ物』

もう20年ぐらい前になりますが・・・

もう20年ぐらい前になりますが、新婚旅行でハワイに行った時に聞いた話ですが、パイナップルはなかなか体にいいということでした。

どんな風に体にいいか、その効能は疲労回復、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、消化促進というものです。
パイナップルには、マンガンとビタミンB1が比較的多く含まれていて、マンガンは骨や関節を作り出し、エネルギーを生み出します。そして、ビタミンB1は疲労回復に役立ちます。なかなか健康的なフルーツでびっくりしましたが、他にもカリウムも多く含んでいるので、高血圧予防や動脈硬化予防などに、効果が期待できるようです。

今この年齢になって必要なものが、たくさん含まれているようです。
改めてパイナップルを見直して、食事に取り入れてみようかと思います。そして、もう一ついいことがあります、パイナップルの果汁には「ブロメライン」というタンパク質分解酵素が含まれています。これは肉を柔らかくする効果があって、酢豚にパイナップルが入っている理由がこれです。
肉と一緒に食べることで、消化を促進してくれます。
パイナップルを見直しましょう。

Copyright (C)2017外国で食べた『身体に良い食べ物』.All rights reserved.