アメリカに行った時に、健康食品に対するアメリカ国民の考え方が、日本とは大きく違うことを知りました。

外国で食べた『身体に良い食べ物』
検索フォーム
人気の記事
外国で食べた『身体に良い食べ物』

アメリカに行った時に・・・

アメリカに行った時に、健康食品に対するアメリカ国民の考え方が、日本とは大きく違うことを知りました。

アメリカで初めて知った「ローフード」は本当に素晴らしかったです。
日本でローフードと言うと、生のフルーツ、サラダ、スムージーなど、とにかく単調な食べ物ばかりです。
これだと全然続けられません。
でも、アメリカには「ローチョコ」「ローケーキ」「ローピザ」ここには書ききれないぐらいのバリエーションがあります。ローフードのみのレストランまであるぐらいです。
しかもそれらが美味しいのです。

ロースイーツは、とても甘いのにローフードだから太らないのです。
ローフードは正しく続ければ一切太りません。太らないどころかどんどん痩せていきます。魔法みたいなダイエット、それこそがローフードダイエットです。

これだけ美味しいのだから、永遠に続けられるかと思いきや、やはり白ご飯やパンが食べたくなるし、加熱された料理がすごく恋しくなり、10日ぐらいでダイエットは挫折しました。

でも肌はツルツルになるし、かなり快便になって、すごく健康になりました。

Copyright (C)2017外国で食べた『身体に良い食べ物』.All rights reserved.